女性用育毛剤と男性用育毛剤に違いあり?

本来薄毛は男性の悩みでしたが、現代社会では女性にとっても深刻な悩みになりつつあります。そのため、育毛剤の種類も多様化していますが、男女用と女性用で商品が異なることがもっぱらです。そのことから間違いなく育毛剤は性別ごとに使い分ける必要があるように思えますが、何が違うのでしょうか?その違いについて説明していきたいと思います。
まず、男女別に薄毛の原因を確認してみましょう。男性の場合は男性ホルモンの働きや遺伝的要素、喫煙などに因ることが多いです。男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが増加すると毛乳頭が萎縮し、毛細胞の増殖が抑制されることになります。皮脂の分泌の影響もあります。
一方、女性の場合は日常のストレス、過度なヘアケア、ダイエットによる栄養不足といった生活習慣に起因しています。例えば整髪剤の利用をするために過度にシャンプーを行うと、頭皮が乾燥します。さらにはストレスによって頭皮が固くなることもあり、髪の毛が育ちにくくなります。また、出産後に見られるような女性ホルモンによる脱毛が起こることもあります。
よって、男性用育毛剤は、皮脂分解成分、抗菌成分、清涼剤、男性ホルモン抑制作用、血行促進剤などが主流です。そのため、頭の表面に強く働きかけるような刺戟が強い使用感が得られるものが多いです。一方、女性の方は栄養成分や保湿成分、イソフラボンなどの女性ホルモン様成分を含んでいることが多いです。育毛に必要な栄養素を外から与えるようなものです。このように、男女別の薄毛の原因に対応したつくりになっているので、異性用の育毛剤を使ったりケアを行っても効き目は期待できません。むしろ、製品によってはホルモンなどに働きかけるような役目を果たすため、対象者以外が使うと身体に悪影響があります。また、薄毛になる部位も男女差がありますので、育毛剤を付ける場所も、付け方も違うと考えてください。ただし個人差もあるため、出来る限り自分の頭皮の状態をきちんと把握して、少しでも自分に合った育毛剤を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です