腕立て伏せは二の腕ダイエットに効果がある?

【理想の二の腕を手に入れるには】

スラリとした腕を望む女性は多く、最近はただ体重を減らすだけのダイエットではなく、ボディメイクに力を入れている方が多いです。食事制限で食べずに痩せるのではなく、必要な栄養素をしっかりと食べて、筋トレなどで体を引き締める、そしてウォーキングやジョギングといった運動で痩せやすい体を作っていきます。
二の腕ダイエットで必要なのは、腕についた贅肉を落とすこと、筋肉をつけて引き締めることです。このために腕立て伏せなどの筋トレを行いますが、実際のところ効果があるのか気にしてる人は多いです。結論からいえば脂肪がなくなり筋肉となりますから、引き締まった見た目になります。ただ注意点としては、体重に関しては脂肪よりも筋肉が重くなりますから、腕立て伏せだけなら変わらない場合が多いです。そして注意点もあって、やり過ぎると筋肉が付きすぎる場合もありますから、正しい方法で行う必要があります。

【正しい腕立て伏せのやり方】

早く脂肪を落として筋肉質にしたいからといって、過剰に負荷をかけるのは間違いです。女性が理想とするほっそりとした二の腕は、あまり負担をかけず、軽めに回数を多く行うのが正しい方法になります。軽めの負荷でよく、膝を付けて軽く肩幅に腕を広げて、ゆっくりと息を吐きながら上半身を沈めていき、息を吸いながら戻してください。ゆっくりと呼吸をしながら行うことが大切で、10回を1セットと考えて、1日に3~5セットほど行うといいです。
他の腕立て伏せの方法として、また壁に肩幅に開いて手のひらをつけて、そのまま息を吐きながら腕を曲げて上半身を壁に近づける、息を吸いながら離していくというものもあります。こちらも呼吸に気を付けて、ゆっくりと行うことがポイントです。
どちらもそれほど体に負荷はかからず、しかし脂肪には効果的ですから、続けて行うことで理想とするほっそりとした二の腕を手に入れることができます。

すそわきが対策はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です